FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のロードを組み上げる際、一番悩んだのがクランク。

自分の脚質と老化を考え、
回転重視と関節の可動域を狭めるクランクを最初考えていました。

なので、あまり聞きなれないショートクランクをということで、
自分の中ではほぼSUGINOのMighty Tourシリーズで決めていました。

普通、身長170cm前後だとクランク長は170mmくらいから選択するのが普通と思いますが、
この160㎜を選択して、ギアを52-36を選択するつもりでした。 

BBがカートリッジで四角テーパーという古いスタイルがちょっと気に入りませんでしたが、
それにも増してショートクランクに魅力を感じていたのです。



しかし前からペダリングで気になることがありました。

長距離を走った時の足裏・足先のしびれです。
特にアルミフレームの時のしびれは辛いものがありました。

クランクの素材に原因があると仮定して、
クランクの素材にイメージを膨らましてみました。

細かい振動を確実にひらうアルミ素材。
しかしまだまだクランクの素材では主流です。

カーボンクランクではどうでしょうか?
恐らくは振動を吸収してくれるにちがいありません。

しかも、重めのクロモリフレームには軽いカーボン素材が意外とピッタリかもしれません。


結構色々とイメージを膨らませて考えました。


それで結局はノーマルカーボンクランクを選択しました。

型落ちのFSAのクランクです。
00.jpg



結果は大正解です。

軽い軽い。回る回る。

長距離走った後でも足のしびれはありません。

まだショートクランクの魅力をあきらめたわけではありませんが、
クロモリフレームとカーボンクランクの相性に満足しています。



結局は軽量化に大きく貢献しました。
フロントフォークもカーボンなのでより一層の軽量化に成功した一因です。


乗り味は全体的に柔らかいイメージですが、強度を犠牲にしている感じではありません。


カーボンクランクで一つ注意しないといけないことがありますが、
それはまたこの次に。


↓頑張るおっさん達に励ましを。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ jumee☆thanks1



コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

まげまげどん

Author:まげまげどん
40才をすぎてまた自転車に目覚めました。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキング
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。